おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
おすすめ情報

けいせい外科とせいけい外科。漢字にすると形成外科と整形外科。言葉も文字も似ていますが、この2つは異なるものです。
まず形成外科では体の表面を扱い、整形外科では体の内部を扱います。ですから形成外科の場合はやけどや手術跡などで体の表面や皮膚が傷ついた場合、そこを修復してなるべく元の状態にもどすような治療となります。例としては乳がん手術後の乳房の再建などがあります。整形外科はけがや病気により運動機能が低下するような場合、その機能復旧のための治療やリハビリテーションを行う場合となります。例としてはヘルニアなどによる脊椎の手術などがあります。
そしてもうひとつ美容整形外科というのがあります。

おすすめ

こちらはどちらかというと形成外科に近いものですが、根本的な違いは医療行為ではないということです。きれいになるために鼻を高くしたい、目を大きくしたいということは病気やけがで起こった症状ではありませんので医療行為としては認められません。ですから自費診療となり、保険が使用できないのです。
ただしけがで鼻がおれてしまったり病気によってまぶたが腫れてしまったような場合は医療行為にあたりますので、美容整形外科に通っても保険が使えることになります。整形外科も形成外科も美容整形外科も似たような言葉で区別がつきにくいと思いますが、この3つはこのように違うものなのです。